何が必要?



サーバを立ち上げてナニをしたいのか。
そのメリットとデメリットは?


そ〜ゆ〜話はあまりしません (^^;
私がどうやってこのHPを運営してるのか。
それだけの話をして行こうかと (^^;


私が何故自宅でサーバを立ち上げてるのか?
HP容量が無制限(実際は今の所、40GのHDDを占有なので40G迄)、
メールアドレスが作りたい放題、目に見えるコストは少ない。


等々、通り一遍の理由しかありませんが…
早い話がPC1台余ってるから、かな(笑)




サーバを作るためには何が必要なのか


今回はWindowsマシンでサーバを立てる説明をします。
以前はウチもLinuxで組んでましたが… 素人にはやっぱWindowsだね(笑)
ウチではWindows XPを使用しています。
常時起動のサーバ用途なので、98やMeは出来れば避けましょう。


回線は、ADSLやCATV、光が基本でしょうか。
常時接続であればテレホーダイでも可能ですが…
今じゃ『テレホーダイ』を知ってる人の方が少ない位かもしれませんね (^^;


ウチはCATVです。
まぁ、常時接続であればどんな回線でも構いません。
そこから、ルータに繋いで家庭内LANを組んで…
PC3台とPS2とプリンタがぶら下がってるワケですが…


自宅にPCが1台しかなくても、電源を入れっぱなしにしておけばサーバは組めます。
その場合でも、ルータはあったほうが良いです。
ルータはファイアウオールの役目もしますので…
セキュリティ上の観点から、です。


パソコンとルータと回線があれば、準備は完了です。
電気代やプロバイダ代、電気代。
それら以外の費用はかけずに、サーバを立てることが出来ます。